新潟県の高校入試情報

新潟県公立高校 一般選抜情報

[1] 平成31年度新潟県公立高等学校入学者選抜一般選抜志願状況 最新の高等学校入学者選抜に関する情報はこちら
[2]公立高校一般選抜のしくみ

新潟県の公立高校一般選抜は以下のしくみで行われます。

【一般選抜の総合得点算出法】
【公立高校一般選抜の配点比重のイメージ】

※調査書:1日目 学力検査の比重= 3:7  学校独自検査配点100点 の学校の例

この例からわかるように「学校独自検査」は合否に大きく関わる。 決して軽視せず、しっかり対策をして入試に臨むことが重要!

第一志望校合格には、正しい情報を得て、適切な準備を早期に行うことが欠かせません。また進路指導も非常に重要になります。NSG教育研究会では、入試制度の仕組みや対策方法をお伝えする「入試制度説明会」を開催しております。参加費無料でどなたでもご参加いただけます。ぜひご参加ください。
[3]H31年度 新潟県公立高校 一般入試出題傾向分析
国語
出題構成は例年通りの〔1〕「漢字の読み書き」〔2〕「随筆の内容理解・ことばの知識」〔3〕「古文」〔4〕「論説文」。しかし、〔3〕は新潟県立入試特有の古文と現代文の融合問題から古文単体での出題に変化した。
【1】 は昨年同様の問題数で、日常で見聞きすることばが中心であった。
【2】 は接続詞・助詞の識別・熟語の構成の基礎事項3問と、内容理解の問題2問が出題された。
【3】 は人物同士のやりとりからの内容理解・心情理解が求められた。記号問題での出題が昨年の2問から4問に増え、記述量は15字のものが2問と、昨年の60字と比べ半減した。
【4】 は人間の脳の仕組みをコンピュータと対比させて説明している内容で、よく扱われる題材のため読みやすい。120字と90字の説明記述の出題があったが、ともに文中の指示語や接続語に注目すれば解くことができ、答えやすい問題であったと思われる。
数学
例年通り大問構成は6題で、小問数に大きな違いはなかった。全体的な難易度はあまり変わらないが、大問4、5、6の最後に難易度の高い問題が配置され、解くのに時間がかかるようになっていた。大問1、2だけで配点全体の約半分を占めている点は例年と変わらない。
【1】 計算・関数・図形・資料の活用から10題出題された。難易度の高い問題や計算に時間のかかる問題も出題されている。
【2】 小問集合。文章題・確率・割合・作図の4題が出題された。全体としては標準レベルの問題。
【3】 合同の証明。典型的な問題。
【4】 相似、三平方と関数の融合問題。関数の知識だけではなく、学習した図形の知識も用いる必要があった。
【5】 規則を読み取り、一般化した式を活用する整数問題。問題文を正確に読み取り、一般化する必要がある。倍数の仕組みを活用する問題で難易度が高い。高校にもつながる内容であった。
【6】 空間図形の問題。NSGのテキストで問題練習を重ねた生徒にとっては解きやすい問題であった。
英語
大問構成は、「リスニング」「対話文」「条件英作文」「長文」の4題構成。例年と同様であった。
【1】 リスニング。部分的な聞き取りだけではなく、全体から内容を整理して解答を導き出す問題が多かった点で難易度は高めである。
【2】 対話文。コミュニケーションがテーマの「対話文」。基本的な文法知識を問う問題が比較的多く、中学校で習う文法の整理が必要であった。
【3】 条件英作文。図書館へ行くのに、「バス」と「自転車」のどちらを選ぶかという「条件英作文」。もともとの問題文が比較的長く、解答に必要な情報を読み取った上で、自分の意見を英語で述べる力が問われた。
【4】 長文。「何かに興味を持つことの大切さ」がテーマの「長文読解」。部分的ではなく、英文全体の内容をしっかりと読み取っていく力が必要なのは例年通りであった。全体を通して、基本的な英語の知識から、実践的な英語力までの幅広い英語力が求められた。
理科
大問数は昨年より1題増えて8題。物理、科学、生物、地学から各2題ずつ出題された。小問数は合計35問で、記述問題が減った一方、計算問題が増えた。今年は解くのに時間がかかる問題が増え、全体として難易度が上がったといえる。
【大問1】 は湿度の問題。加湿器をつけたときの水蒸気量を求める問題などであった。数値を正しく活用する力が求められた。
【大問2】 は光合成と呼吸の問題。対照実験により光合成と呼吸のはたらきを考察し表現する力が求められた。
【大問3】 は電気回路の問題。小問ごとにそれぞれ計算するため、解くのに時間のかかる問題が増えた。
【大問4】 は化学反応の問題。二つの量に注目しすべて反応している物質がどちらか判断する力が求められた。
【大問5】 は消化と吸収の問題。記述問題では物事・現象を総合的に捉え知識を活用し表現する力が求められた。
【大問6】 は電池の問題。電子のやりとりの仕組みを理解し、実験と結びつけて考える力が求められた。
【大問7】 は天体の問題。自転と公転の運動から星座の位置や時刻、同じ時刻にある日時を求める問題であった。
【大問8】 は台車の運動の問題。記録した紙テープから読み取り計算する問題やおもりを小さくしたときの紙テープの様子を調べる問題であった。
今年は1問を解くのにかかる時間が多い傾向があり、全体として難易度が上がったといえる。
社会
大問構成は6題。小問数に大きな変更はなかった。 地理・歴史・公民の3分野からバランスよく出題される形も例年通り。 各分野で資料読み取り問題が出題され、いずれも複数の知識を活用して問題を解く必要があった。 解答にたどり着くまでの作業量が増えたことで、時間を要する問題も見られた。 地理では地図や統計資料を用いた問題が昨年に続き多く出題され、基礎知識とともにそれらを活用して情報を処理する力も必要であった。 歴史は特に政治史の大まかな流れを把握しておく必要のある問題が複数出題。 公民は基礎知識を問うものが中心であった。 記述問題は5題出題されており、「太閤検地の影響を説明する問題」や「大日本帝国憲法発布までの準備を説明する問題」など、過程を踏まえて答える問題が出題された。 必要とされる知識は基礎的なものが中心である一方、それらを上手く活用しなければ解答出来ない問題が増加傾向にあるため、全体的な難易度はやや上昇した。
筆答検査A
【1】 数理的課題は、ルールに従ってカードを並べる問題。昨年度と比べると問題の文章量が減り、解きやすく感じる生徒が多かっただろう。条件の理解や作業、過程の説明が必要な点は例年通り。解答の糸口を見つけ、活用・表現する力が求められた。
(1)は樹形図などを用いた作業力が試された。条件に従って丁寧に作業することで解答を導くことができる。
(2)はYのカードを固定することから論理的に思考し、一般化する力が求められた。追加された条件を活用することで、解答に近づきやすくなる。
(3)は(2)の一般化したものを活用し、さらに論理的に思考する必要があり、解くための糸口をつかむことに苦労した生徒は多かっただろう。
【2】 英文理解については、昨年と比べて小問数が1問減少した。英語で書かれた文章を図表と合わせて読みとる問題、日本語で要約する問題、自分の考えを英語で表現する問題が例年通り出題された。
(1)設問中の英文を図表に当てはめる問題。図表と英文を基に正確に情報を読みとる力が試された。
(2)設問から該当部分を100字以内の日本語でまとめる問題。英文を理解すると共に該当部分の要点をまとめる力が試された。
(3)与えられた英文について自分の意見を英語で書く問題。本文の内容を理解した上で、自分の考えをある程度のまとまった英語で説明する力が求められた。  知識としての英語力はもちろん、それを基に実際に英語を使う姿勢が求められる。
筆答検査B
内田 樹『街場の文体論』より出題。文章内容は、「言語と身体実感の関係性」について。文章量は3400字程度と入試1日目の国語の論説文よりも長く、記述文字数は3題で280字であり、いずれも昨年と同様。出題形式は、一昨年の形に戻った。
 (1)は50字、(2)は80字と、文章内容を制限字数以内でまとめる問題で、理由説明の問題がなかった。(3)は、筆者の主張について身近な具体例を挙げ、150字以内で自分の意見をまとめる問題であった。題材と段落ごとの関係性をとらえ、それを自分の今までの生活と結びつけながら、必要な条件を判断し、自分の言葉で論理的に表現する力が求められた。

NSGで合格を確実にしましょう!!

新潟県公立高校 特色化選抜情報

特色化選抜のポイント!
  • (1) スポーツ・文化・科学分野の活動で秀でた実績がある生徒 各高校の特色ある教育推進の中心的役割を果たすことが期待される生徒
  • (2) 特色化選抜の募集定員は、公立高校募集定員全体の約2%となり、対象者はごく一部です。

高校入試を終えた現高1生の声

高校入試を終えた現高1生の声[NSG卒業生アンケート結果]

入試準備はNSGにおまかせください!

情報 information
高校入試説明会 開催 詳しい入試結果分析、傾向と対策をお伝えいたします。
全県ネットワークを駆使し、志望校の決定と合格に必要な情報を提供いたします。
指導 guide
筆答検査にも完全対応の指導 春期講座での筆答対策をはじめ、新学期も高校入試に対応した授業で実力をつけます。
合格した卒業生の99%がNSGの対策が合格に役立ったと回答しています!
実績 achievement
安心と信頼の合格実績 新潟県の入試を熟知したNSGだからこそ、一人ひとりの合格に必要な情報提供、進路指導、実力育成が可能です。
安心と信頼の合格実績!
このページのトップへ