新潟県の高校入試情報

新潟県公立高校 一般選抜情報

[1] 令和3年度新潟県公立高等学校入学者選抜一般選抜志願状況 最新の高等学校入学者選抜に関する情報はこちら
[2]公立高校一般選抜のしくみ 新潟県の公立高校一般選抜は以下のしくみで行われます。

【一般選抜の総合得点算出法】
※学校独自検査を課す場合の例

【公立高校一般選抜の配点比重のイメージ】 ※調査書:1日目 学力検査の比重= 3:7  学校独自検査配点100点 の学校の例
この例からわかるように「学校独自検査」は合否に大きく関わる。 決して軽視せず、しっかり対策をして入試に臨むことが重要!
第一志望校合格には、正しい情報を得て、適切な準備を早期に行うことが欠かせません。また進路指導も非常に重要になります。NSG教育研究会では、入試制度の仕組みや対策方法をお伝えする「入試制度説明会」を開催しております。参加費無料でどなたでもご参加いただけます。ぜひご参加ください。
[3]R3年度 新潟県公立高校 一般入試出題傾向分析
国語
出題構成は昨年より少し変化した。【1】「漢字の読み書き」【2】「文法知識」【3】「古文」【4】「論説文」。大問2から随筆文の文章読解が無くなった。
【1】 は、昨年より読み書きで1問ずつ減少したが、例年通り音訓のバランスがとられた出題で、小学生内容が多い。
【2】 は、文法知識の問題単独で構成。文節の役割、単語としての自立語・付属語の知識、敬語と、まんべんなく出題されている。
【3】 は、古文単体での出題。『徒然草』出展で、芸能の身につけ方に関する内容。普段から現代語訳する癖をつけ、内容を理解するよう心掛けたい。
【4】 は、文章が2つある出題で、今までにない形式。人とどのように関係を持つことで、社会を構成するかを説いた内容。小問数は6問で、5問は文章Ⅰの内容理解を問うもの。1問は、文章Ⅱが追加され、文章Ⅰで提起された「どうしたら、その社会を構築しなおせるのか」という問いに対する筆者の意見を、2つの文章を踏まえて120字で記述するというもの。
新学習指導要領の「情報の扱い方」を意識した出題の仕方と見られ、意見と根拠、具体と抽象などのいくつかの情報を結び付けて考えさせ、「思考力・判断力・表現力」をより問う形に変化しているように思う。
数学
大問数は1題減り5題となった。それに伴い小問数も減ったが、1問あたりの点数が上がったため、大問1,2だけで配点全体の約半分を占めている点は例年通りであった。また、規則性の問題がなくなり会話形式の問題が出題されたり、図形の証明問題が2問出題されたりと解を導くための過程が重要視された。
【1】 計算・関数・図形・資料の活用から出題され、難易度は標準。
【2】 方程式の文章問題・確率・作図の問題。作図の難易度が例年よりもやや高い。
【3】 関数の利用。問題文を正確に読みとり、グラフを利用して水量の変化を考察することが求められた。
【4】 会話形式の平面図形の問題。動く図形について会話からの情報を加えて、動き方の規則性を考察し、論理的に表現する力が必要とされた。
【5】 空間図形の問題。図形の一部を平面図形として捉えるなど図形を多角的に観察することが必要とされた。
基本事項の定着を図るとともに、それを活用する難易度の高い問題に対しては、試行錯誤を繰り返して規則性を見つけたり、思考の過程を残したり、表現したりする学習が必要である。
英語
大問構成は、「リスニング」「条件英作文」「対話文」「長文読解、その内容に関する自由英作文」の4題構成。形式の異なる英作文が1題追加となった。
【1】 リスニング。いつ、どこで、誰が何をしたのかを短い英文で問う問題。単語の書き取りが無くなり、英問英答に変わった。正確に英文の内容を聞き取り、理解できるかが問われた。
【2】 条件英作文。ボランティア活動の広告を読みとり、参加してみたいボランティアを選択し、理由と共に英語で答える問題。広告と会話文の2種類の資料から英文を読み取り、自分の考えを英語で表現することが求められた。
【3】 対話文。外国人の友達と海外で活躍する日本人の経験を会話することを通して、異文化交流の良さを共有することがテーマ。英文内容の読みとり問題に関しては例年どおり。日頃から様々なジャンルの英文を読む習慣が必要であろう。
【4】 長文読解とそれに関する自由英作文。「さくらが大切にしている古いカメラを通して彼女が学んだこと、そして感じたこと」がテーマ。英文全体を読み取っていく読解力とテーマに沿った自分自身がうれしく感じたことを英語で表現する英語力が問われた。普段から身近なテーマについて英語で表現する訓練が必要となる。
社会
大問数は6題で、地理・歴史・公民の各分野からまんべんなく出題された。各分野にて複数の資料を比較して特徴を読みとり、記述したり、答えを選んだりする問題が増えた。しっかりと情報を読み込んで比較し判断しないといけない問題も多かった。
【1】 世界地理の問題。地図の見方や、世界の料理・輸出品目などの各国の特徴を読み取る問題が出題された。
【2】 日本地理の問題。グラフ・地図を読み取り、特徴を表現する問題が出題された。(4)では、時代の異なる2つの土地利用の地図と、この土地での養蚕業の歴史情報とを、関連づけて、土地利用方法の違いを考察し記述することが求められた。
【3】 古代から近世の歴史の問題。歴史の流れとして、背景・原因→出来事→結果・影響を理解しておくことが必要であった。
【4】 近代から現代の歴史の問題。(4)は、戦後の農地改革における変化の特徴をグラフから読み取り、記述する問題が出題された。複数のグラフから共通点を探し出す必要があった。
【5】 公民分野の問題。(3)は、国会の種類を複数の資料から考察し、それを判断した 理由とともに記述する問題であった。
【6】 日本の農業の現状や高齢化社会の問題。問題点を調べた多くの資料を用いて、発表する場面が設定された。身近に起こることと社会の学習を結びつけた問題であった。
理科
大問数は昨年と同じ8題、生物、地学、物理、化学、からまんべんなく出題され、小問数も昨年と同じ36問であった。各分野で教科書の細部まで問われる傾向が高まった。多くの問題が実験や観察結果から特徴を読み取る形式で、現象の関連性や規則性、因果関係などを考えさせる内容であった。
【1】 は小問集合で、幅広い知識を問う問題であった。教科書の細部まできちんと読んで、理解しておく必要があった。
【2】 は人のからだの問題。神経系を理解し、反射について詳しく説明することが問われた。
【3】 はマグネシウムの酸化の問題。マグネシウムの燃焼の様子や、酸化マグネシウムの質量を計算させる問題がでた。
【4】 は生殖の問題。ミカヅキモの増え方について、染色体のポイントをとらえた説明ができるかどうかが問われた。
【5】 は天体の問題。太陽や小惑星の細かい知識が問われた。また、金星については地球と太陽との位置関係を考察し、答えることが求められた。
【6】 は電流の問題。1つずつ正確に計算することが求められた。
【7】 は気象の問題。(1)では大気の循環についての知識が必要。(2)では天気図と各地点の気象情報とを関連づけて考察することが求められた。
【8】 は炭酸水素ナトリウムの分解の問題。分解により得られる各物質の性質を問う問題であった。

新潟県公立高校 特色化選抜情報

特色化選抜のポイント!
  • (1) スポーツ・文化・科学分野の活動で秀でた実績がある生徒 各高校の特色ある教育推進の中心的役割を果たすことが期待される生徒
  • (2) 特色化選抜の募集定員は、公立高校募集定員全体の約2%となり、対象者はごく一部です。

高校入試を終えた現高1生の声

高校入試を終えた現高1生の声[NSG卒業生アンケート結果]

入試準備はNSGにおまかせください!

情報 information
高校入試説明会 開催 詳しい入試結果分析、傾向と対策をお伝えいたします。 全県ネットワークを駆使し、志望校の決定と合格に必要な情報を提供いたします。
指導 guide
筆答検査にも完全対応の指導 春期講座での筆答対策をはじめ、新学期も高校入試に対応した授業で実力をつけます。 合格した卒業生の99%がNSGの対策が合格に役立ったと回答しています!
実績 achievement
安心と信頼の合格実績 新潟県の入試を熟知したNSGだからこそ、一人ひとりの合格に必要な情報提供、進路指導、実力育成が可能です。 安心と信頼の合格実績!

最新の新潟県高校入試情報をさらに詳しく知りたい方へ

[保護者対象] 2021年高校入試結果報告会

この春、中学3、2年生になる保護者様対象のイベントとなります。最新の新潟県の高校入試情報を分かりやすくお伝えいたします。
お子さまが受験生になるにあたり、高校入試について詳しく知りたい方、不安を感じている方は是非ご参加ください。

会場 NSG教育研究会[新潟県内の各校舎]
開催日時 校舎ごとに開催日時が異なります。開催日時一覧はこちら
申込方法 各校舎へお電話下さい。校舎一覧はこちら
新潟県内圧倒的合格実績・新潟で
40年以上の指導実績のNSGに
新潟県の高校入試対策はおまかせください!
このページのトップへ